撮影エリアの注意・禁止事項について

各撮影ロケーションのご利用に関して厳守いただく注意・禁止事項を掲載しています。ご利用前に事前によくご確認ください。

厳守いただけない行為を発見した際は、退店していただく可能性があります。

利用する際の注意事項

撮影可能エリア・立入禁止区域について
細いロープを張ってある撮影可能エリアを出ないようにしてください。地図をよく見ていただき、立入禁止区域には入らないようにお願いします。
岩の上や倒木でのご利用について
滑りやすくなっているため、岩の上や倒木に登る際は十分注意してください。また、危険ですので飛び降りたり跳ねたりしないでください。
木に登ってのご利用について
指定の木には登ることが可能です。ただし、それ以外の木に登ることは禁止です。また、木の上から飛び降りることは危険ですのでおやめください。
枯川のご利用について
川岸の土手は崩れやすくなっていますので、高低差のあるところから登り降りしないでください。前日の雨で増水している場合がありますので注意してください。
橋のご利用について
現在、橋の上での撮影は禁止です。危険ですので跳ねたり、橋の上から飛び降りないようにしてください。
動植物について
立木や植物を無闇に傷つけないようにしてください。また、野生の動物・虫に気をつけてください。万が一、蛇やスズメバチを見つけたら、すぐにスタッフまでお知らせください。
通路のご利用について
スタジオ内を移動する際はできるだけ管理された道をご利用ください。森はぬかるんで滑りやすくなっていますので注意してください。

撮影可能エリア・立入禁止区域について

細い黄色の紐が張ってある撮影可能エリアを出ないようにしてください。地図をよく見ていただき、立入禁止区域には入らないようにお願いします。

撮影マップ
貴重な原種の植物が自生しているエリアがあります。マップの斜線箇所をご確認ください。詳しい場所は当日スタッフから説明があります。
廃材が残っている箇所がありますので危険ですので立ち入らないでください。

岩の上の利用について

大きな一枚岩に登っての撮影が可能です。苔や前日の雨などでとても滑りやすくなっている場合があります。ご利用の際は十分に注意してください。岩から飛び降りることは大変危険ですのでおやめください。

苔などで滑りやすくなっています。岩に乗る際は手前側に乗り出すことは危険ですのでおやめください。
岩の上は平らになっているので、立ったり横になった状態で撮影することが可能です。

木に登ってのご利用について

指定の木には登ることが可能です。ただし、それ以外の木に登っての撮影は大変危険ですので絶対に登らないでください。また、木の上から飛び降りることは絶対にしないでください。

地上から60cmほどの高さの二股の部分にのみ登ることが可能です。写真の赤線から上に登ることは絶対にしないでください。
二股の箇所に立っての撮影は可能です。ただし、不安定になりますので、木に手をかけるなどして安全に配慮してください。

枯川のご利用について

普段は水が流れていない枯川も、梅雨や夏の夕立後には小川へと変わります。天候によっては危険ですのでご利用いただけないことがあります。

小川の近くは滑りやすく、ぬかるんでいるので十分に注意してください。
斜面は崩れやすくなっているので、深い場所には降りないようにお願いします。

橋のご利用について

現在、橋の撮影環境は準備中です。橋の上に立っての撮影は禁止です。また、とても滑りやすくなっている場合がありますので、渡る際は十分にご注意ください。橋の上は決して走らないでください。

走っている風のポーズを構えるのは問題ありません。ただし、橋には乗らないようにお願いします。
片足を橋にかけての撮影は可能です。どちらかの足を地面につけて下さい。

足元・頭上への注意

スタジオ内を巡回して、危険な枝や倒木などは処理をしていますが、頭上の枝葉や足元の根などには十分に注意してご利用ください。

切り株が出ている箇所があります。目がいくように印をつけていますのでお気をつけください。
極力処理はしていますが、刺のある植物やかぶれる植物がありますので注意してください。
木の根が出ている場合があります。足元をよく見て歩いてください。
前日に雨が降っていると足元は抜かるんで滑りやすくなっている場合があります。
TOP スタジオの紹介 撮影エリアの注意・禁止事項について
スタジオの紹介へ戻る